スポーツ外傷 Sports injury
大和町だるま整骨院ではアスリートを応援します。
この世界に飛び込んだのいつまでもスポーツに携われ、ケガに泣くアスリートの助けがしたいという当初の想いを大切にしています。

ケガの治療法は今、日々進歩を続け、新たな治療法が開拓されています。
アイシングやテーピングは時と場合、症状によっては大きな効果が期待できます。
しかしそれだけではどうしようもない問題や効果がいまいちはっきりしないものも多くあるのも現実です。

その時あなたはしょうがないと諦めますか?
お子さんに我慢しなさいと言えますか?
好きなスポーツをお子さんから奪いますか?

それとも・・・

大和町だるま整骨院では、治りにくいとされているケガに対し日々研究を重ねています。
その中でも特に効果が出やすい症状についてご紹介します。
このページに書かれている症状については奈良県内でもトップクラスの早さで効果を出せると自信を持っておすすめいたします。
今後もどんどん追加していく予定です。
ここに載っていない症状でもぜひ一度ご相談ください。
 
オスグッド病

オスグッドとは10歳頃〜15歳頃の成長期の子供に起こる脛骨粗面部(膝の皿の下の骨)の突出や剥離を主とする病気で、ひどくなると”しゃがめない”や”歩行時の痛み”により日常生活にも支障をきたします。
脛骨粗面の突出及び局所の痛みを診て判断します。

現在の主な治療法はアイシング、ストレッチ、テーピング、サポーター、電気療法、薬物、湿布などが主です。

しかし基本的に改善することは少なく、スポーツの中止を余儀なくされるケースが多いのが現状です。
オスグッドバンドなる専用のサポーターもありますが効果がない場合も多々あり、結局はスポーツを辞めてしまったり、痛みを我慢しながら継続する子が多いのが現状です。
また、痛みを我慢し局所をかばうことにより他の怪我を誘発する恐れがあります。

成長期が過ぎれば自然に痛みはなくなるため、安静を指示され放置されている方が多いですが、姿勢を含め体のバランスを崩し将来的に腰痛の原因になるなど全身的に問題となることも数多くあります。

またいくつも病院や治療院に通ったけどよくならず、諦め、調べることすらやめてしまう場合も多数見られ非常に残念です。

オスグッドの痛みに関しては1回〜3回(平均2回)の施術で改善する場合がほとんどです。
※オスグッドの痛みが取れても長期にわたり痛みを我慢していたり、スポーツを継続していた場合、他の筋肉の短縮や関節の拘縮など別の問題も抱えている場合もあります。
よくどんな治療ですか?とお問い合わせをいただきますが、正直お伝えしてもご理解いただけないと思いますのでご遠慮ください。
ただし今まで受けてきた治療とは全く考え方も方法も違うということだけお伝えします。
  他院 当院
物理療法(電気療法、超音波)するしない
ストレッチするしない
テーピングするしない
骨格矯正、マッサージするしない
スポーツ禁止次の日からでも大丈夫!!
期間曖昧(わからない)明確
回数曖昧(回数がかかる、わからない)1〜3回
セルフケア難しい、やることが多い簡単(2種類のみ)